S660 オイルクーラーキット(導風板セット)

A-002

S660 オイルクーラーキット(導風板セット)  (A-002)

定価(税別)
¥93,750
販売価格(税別)
¥80,000
在庫状態 : 在庫僅少

S660用 t-racingオリジナル オイルクーラーキット

(CVT搭載車には取り付け出来ません。)

(追加メーターの有無でオイルブロックの付属パーツが変わります。ご注文の際に指定して下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1960

 

 

 

 

 

IMG_1950

 

 

 

 

オイルブロックは、追加メーターのセンサーを取り付けることが出来るタイプのアダプターか、プラグタイプを選択してください。(オプションで購入することも出来ます。¥1.500-x2)

 

 

 

 

IMG_1951

 

 

 

 

オイルもれを防ぐために、Oリングは2枚仕様になっています。

 

 

 

 

冬場のテストでもオーバークールはなかったので、サーモスタットレスタイプを選択しました。

 

 

 

 

IMG_1952

 

 

 

 

 

オイルブロックがエンジンオイルパンに接触し取付出来ないためにスペーサーアダプターブロックを使用します。

 

 

 

 

これもそのままでは使用出来ないために、NC旋盤で精密加工しています。こちらもOリングダブルです。

 

 

 

 

IMG_1953

 

 

 

 

ホースは耐久性・柔軟性に優れたナイロンメッシュホースを使用し、取り付け場所がマフラーフロントパイプに近いため、1100°まで対応しているサーモスリーブで保護しています。

 

 

 

 

IMG_1954

 

 

 

 

ホースエンドはランマックス製を使用、矢印の部分は締め付けたあとでも稼働出来るようになっており、振動を吸収し無理がかからないようになっています。

 

 

 

 

IMG_1955

 

 

 

 

クーラーコアは、ポルシェやフェラーリなどにも純正採用されている、セトラブ製を選択しました。

 

 

 

 

コアのサイズはスペースと取り付け角度を考慮し、横260ミリ・縦100ミリを選択しました。

 

 

 

 

アルミ製でフィンには真鍮コーティングしてあり、表面積を増やすためにマルチパスクーラー仕様になってあります。

 

 

 

 

IMG_1957

 

 

 

 

導風板はアルミ製からFRP製に仕様変更しましたが、今までの3分割ではなく1枚ものになりました。

 

 

 

 

IMG_1956

 

 

 

 

 

コアに効率よく走行風を導くために、純正のアンダーカバーは取り外して使用します。

 

 

 

 

 

IMG_1958

 

 

 

 

コアステーは耐久性を考慮しスチール製で全て私が製作しています。

 

 

 

 

S660はエンジンオイルの油温が非常に高くなる傾向で、通勤やドライブで運転するだけでも100度をオーバーします。

 

 

 

 

サーキットを走るとなると、さらに油温は上がってしまい、メタルトラブルやタービンの損傷を起こしてしまう可能性があります。

 

 

 

 

エンジントラブルを未然に防ぐために、S660にとってオイルクーラーの取り付けは必要不可欠です。

 

 

 

 

当店のオイルクーラーキットと導風板を取り付けることにより、サーキット走行でも油温を最適に保つことができ、安心してスポーツ走行を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

普段乗りでも短期的に見ると、オイルクーラーの必要性は感じませんが、長期的に見てみると、タービンの経年劣化を防ぐためにもお勧めできるパーツです。

 

 

 

 

オイルクーラーキット関連ブログ

サーキットでの評価!

数量